すのこ壁のいいところ

はりゅうウッドスタジオの設計する建物の外壁で「すのこ壁」を使うことがあります。
通常であれば、木の板を張る時は、隙間を開けず貼っていくのですが、すのこ壁はわざと隙間を開けて貼っていきます。


「すのこ壁」の何がいいのか。3つにまとめると
1.壁の中の湿気を、素早く外部に出すことができる。
最近では、通気構法により多くの建物で、内部結露が起こらないように壁の中の湿気の積極的に外部に出そうとしています。すのこ壁にすることで、より湿気を外に出すことができます。

2.外部の壁を、後で交換しやすい。
本実等の木の板を外壁に張るときに、雨などの水分を含んで膨れてくるときがあります。
本実加工した外壁であれば、1枚だけ交換するというわけにはいきません。
そんな時にも、すのこ壁であれば、1枚1枚がバラバラに留めつけられているので、交換がしやすくなります。

3.新しい木壁の表情を作ることができる。
1枚1枚の板の幅は、必ずしも一定である必要はありません。これまでの板壁とは違った表情を作ることができます。

すのこ壁の奥に見える透湿防水シートは、すのこ壁の用のものです。
ソリテックスという名前の製品ですが、はりゅうウッドスタジオの物件も紹介されています。
他の設計者の方も工夫して使われているのでぜひご覧になってみてください。

>ソリテックス事例

>使用例(葛尾村復興交流館)

>使用例(ボーダレスの家)

 

 

関連記事

PAGE TOP