作品紹介

F社富岡町新社屋プロジェクト

 

top

F社富岡町新社屋プロジェクト

福島県富岡町/事務所/延床面積 343.53㎡      /完成予定 2017年8月

 

敷地は震災前の土地区画整理事業により空地が目立つ駅前の土地である。
今後、復興の中で集中的に周辺に建築される街と予想されるが、その初期に、町産材の木をつかったシンボル性のある建物となることを考えている。
シンプルな縦ログの箱型に挟まれた吹抜け空間が事務所となっている。
地域交流スペースを道路側に設け、外部への開くスペースを設けている。
「KAMAISHIの箱」「はりゅうの箱」から続く、縦ログ構法によるシンプルな箱空間の可能性を生かした建築物としている。
吹抜け空間については、床下へのサーキュレーション等温熱環境にも配慮したものとなっている。
材種は主にスギ材により構成され、2016年に取得した構造の大臣認定を利用している。

F社富岡

外観1

DSC03792

外観2

DSC03685

 

執務室
futaba1

 

多目的室
futaba4

 

地域交流室
futaba3

建築概要

F社富岡町新社屋プロジェクト

意匠設計:はりゅうウッドスタジオ
構造設計:エーユーエム構造設計株式会社
設備設計:株式会社エム設備設計事務所
用途:事務所
敷地面積:1340.40㎡
建築面積:225.00㎡
延床面積:343.53㎡
階数:2階建
構造:木造(縦ログ構法)
完成予定 2017年8月


sekkei

 

  • 1. 街の復興初期に,町産材の木を使ったシンボル性のある建物となる事を目指しました。
  • 2. 縦ログ構法によるシンプルな箱空間の中に吹抜けを設けました。
  • 3. 2016年に取得した構造の大臣認定を利用しています。