スタジオコラム 照国寺の改修

Category 未分類 — @ 2013年7月12日

syokokuji-62

(写真は藤塚光政さんの写真です。)

照國寺は鎌倉時代、建治3年(1277)に開基された、南会津郡南会津町 旧伊南村にある時宗一向正派の寺院である。久川城河原田家の菩提寺から、蒲生氏郷配下になった後、安永9年(1780)頃に現在の本堂が建設された。現在で築232年を数える。 昭和45年 (1970)に茅葺き屋根にトタン被せ葺き工事を行いその後は2010年現在の改築までに小さな修繕でしのいできた。冬は、隙間風により室内に雪が積もり、床下からの風圧で畳が捲れ上がるという話を住職から教えて頂いた。雪の重みのため屋根の外周部には柱が建てられ、凍結により壁が剥がれ落ちていた。数年前、僕たちは、檀家の方たちと照国寺の改修に取り組んだ。

 檀家総数は220を数えるが、その檀家の大部分は65歳を超え高齢化が進んでいる。檀家だけでなく旅の人達の行き倒れた無縁仏を供養した遺骨も並び置かれている。過疎の山村の高齢化した檀家による修繕の事業はどのような意味を持つのだろうか。寺の存在は、様々な理由で跡取り不在の檀家にとって、心の支えでもある。その檀家の多くは自給自足のような生活でもあり、年金の一部から修繕費として献金されたと考えられた。その修繕費の合計は、寺社専門の改築業者の示す見積額の半分を満たすに過ぎないものであった。

 集まった大切なお金が基準だと考えた。新築時の積算のように、費用の積み重ねではなく、改築の意味を、照国寺の改修の歴史、檀家と今後の将来の支えの関係、にあるとし、必要な工事について一つ一つの施工の方法について考え直した。数十年後の地域の残る子孫に維持管理費用の負担がかからないこと、そのため構造と基礎は揺るぎないものにするというのが大きな方針だった。

 ①予算管理委員会を作り、工事内容に関する説明会を開き檀家内での意思統一をし、委員会によるCM方式を活用すること。
②傾いた構造体の修正と、屋根の耐久性高め、今後大規模な修繕が50年程度行なわなくて良い想定をすること
③基礎と床下間の通風を確保し、昔ながらの置き石を撤去させないこと
④アルミサッシュなどの既製品寸法が合わない前提でも、建具周りや縁側が傷まない工夫をすること
⑤他の地域に転居した檀家さんが見ても理解できる昔ながらのシルエットを保ち続けること
⑥内装材や下地も、本来の意思を伝える材料はできる限り残してゆくこと
⑦断熱・気密の環境は、現代の基準のものとし、冬にも寒さを感じず寺に集えること

 施工業者に対して改修工事の方針を明確にし、見積もり段階で予想できないものに対する余裕の予算取りを出来るだけなくして行くことで、大きな減額が可能となった。

 住職の意思は、過疎の集落が抱える問題に対して、一つの形として残されることとなった。

 はりゅうウッドスタジオの作品紹介 照国寺

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

カテゴリ別記事リスト

月別記事リスト