設計のプロセス 照国寺の改修(福島県南会津町) 改築前の状況

**********************************************************************************
設計のプロセスでは、はりゅうウッドスタジオ仕事を分かりやすく説明するコーナーです。私たちは、ただ図面を書くというだけでなく、家や建物をつくる様々場面で関わらせて頂いています。その分かりにくい私たちの仕事をポイントをまとめてお伝えしたいと思います。
また同時に家づくりや建築づくりのプロセスについても参考にしていただければと思いこのコーナーをはじめました。

**********************************************************************************

まずはじめに福島県南会津にある照国寺の改修です。

この寺は鎌倉時代、建治3年(1277)に開基された、南会津郡南会津町伊南村にある時宗一向正派の寺院です。。久川城河原田家の菩提寺から、蒲生氏郷配下になった後、安永9年(1780)頃に現在の本堂が建設されました。現在で築232年を数えます。

昭和45年 (1970)に茅葺き屋根にトタン被せ葺き工事を行い、その後は2010年現在の改築までに小さな修繕でしのいできました。

檀家総数は220を数えるが、その檀家の大部分は65歳を超え高齢化が進んでいます。過疎の山村の高齢化した檀家による修繕の事業はどのような意味を持つのか。
寺の存在は、様々な理由で跡取り不在の檀家にとって、心の支えでもあります。その檀家の多くは自給自足のような生活でもあり、年金の一部から修繕費として献金されたと考えられます。

和尚様が芳賀沼と以前からの知り合いだったこともあり、私たちに相談を受けたのが始まりです。他の寺社専門も改築業者の見積もありましたが、大きく準備できる金額をこえるものでした。

●積雪の状況

冬にはかなりの積雪がある地域です。茅葺きの屋根もこうした気候状況やささえる檀家の状況からトタン屋根となりました。

●外壁

外壁の土壁についても、凍結などから割れやクラックが多く発生していました。下の部分はトタン葺きです。

軒の外周部分には支柱がはいっています。これも雪の重みを支えるものです。

●基礎

基礎に付いても雪の重みにより地盤がさがってきているところもあります。

●向拝の軒裏

野地板が表に使われています。

●山門からみる

カテゴリ別記事リスト

月別記事リスト