ログハウス仮設住宅の再利用1

2011年の夏、大平のログハウス仮設住宅の建設現場にいっていました。
はりゅうウッドスタジオの起点の一つになった仕事です。
みんな真っ黒で工事していました。

今年の夏は、その大平のログ仮設住宅の移設が始まっています。一時帰宅のための宿泊施設として再利用するための事業です。
またバラバラになった部材をみていると、まだまだいけそうな感じです。
木造仮設の再利用の実績が、これからの応急仮設住宅の新しい流れを作っていくと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

縦ログ開発委員会 第2回目

Category スタジオブログ スタジオメモ — @ 2016年9月27日

9月24日 今年度2回目の縦ログ開発委員会がありました。

試験体の仕様について話し合いをしています。

今年度は、中大規模の建物でも使えるパネルについて開発をする予定です。

 

IMG_0100

「地方で建築を仕事にする」

はりゅうウッドスタジオの芳賀沼整が、一つの記事を執筆しています。仕事のスタンスをまとめた記事になりました。
「地方で建築を仕事にする」 http://www.gakugei-pub.jp/mokur…/…/ISBN978-4-7615-2627-6.htm @gakugei_todayさんから

 

2265

香川県豊島 唐櫃美術館の活動 2016 夏

Category スタジオブログ スタジオメモ — @ 2016年8月23日

 

 

 

 

CoqTW72UEAA68GC.jpg-large

 

 

7月31日

唐櫃港からボルタンスキーの心臓の鼓動に向かう途中にある海苔小屋跡を改装した「唐櫃美術館」展示以外の作業が終わり写真が届く。

 

 

CoBuCsgUIAAX5fN

 

7月23日

豊島唐櫃美術館に運搬するスピーカーを登る五十嵐太郎研OBの村越君。研究室助教土岐さん提案螺旋階段の一部となる。

富岡町の伐採現場

Category スタジオブログ スタジオメモ — @ 2016年7月9日

富岡町の伐採現場を見に行った。5年半前の午後ここで地震の強い揺れに遭遇し、収まりきらない気持ちでいろいろなことを考えた。今を迎え、前向きな活動が継続されて太平洋を見下ろせる平地には富岡ワインを目指して富岡町有志の方達のぶどう畑が育っている。福島の被災地でも刻々と時間が過ぎている。(芳賀沼整)

13606525_914088655387532_8415226888095210287_n

びわのかげ投球練習場 引き渡し式がありました。

Category スタジオブログ スタジオメモ — @ 2016年6月13日

6/12に南会津町びわのかげ公園で、びわのかげ投球練習場施設の引き渡し式がありました。
NIKE japanの支援による建物です。
私たちは設計チームとしてプロジェクトをすすめてきました。
さらに遠藤政樹さん江尻憲泰さんに設計に加わっていただき、チームとして進めてきたプロジェクトです。

南会津の木材を使い地域産業のシンボルとすること、投球練習という機能から丈夫につくることということから、縦ログ構法としています。遠藤政樹さん江尻憲泰さんに加わっていただいてことで、また新しい縦ログ構法の展開となりました。

IMG_4210

IMG_4209

IMG_9436

スタジオ作品紹介の更新「きらめきファクトリー」

Category スタジオブログ スタジオメモ — @ 2016年5月14日

大阪府富田林市にある「きらめきファクトリー」という観光案内所、ギャラリーの機能を持った建物の紹介です。
大阪芸術大学の加治先生、田口先生と協働して取り組んだプロジェクトです。
富田林市の寺内町の入り口にある本町通りに建つ建物です。駅からの人を向かい入れる建物として提案しました。
http://www.haryu.jp/kirameki.html

ton1

スタジオ作品紹介の更新

Category スタジオブログ スタジオメモ — @ 2016年5月6日

「縦ログ構造でつくる」のページを新設しました。

・スタジオのプロジェクトとして、「部屋の家」を追加しました。
SONY DSC

阿武隈川

Category スタジオブログ スタジオメモ — @ 2016年5月1日

阿武隈川護岸堤防の危険水位を表す標識、3年前の大雨の時はこの8mの上端鉄扉から水が溢れ出ていたという海や川との離れ、火山と集落、地球は生きていて、そこで人類は生活している、最近そんな関係が普通に思えてきた。災害リスクも消えはしない(芳賀沼整)ChSBcXRUUAA8txD.jpg-large

熊本訪問

阿蘇神社から数キロ行った集落の背面の山を背にして建つみんなの家移築バージョン、集落のメイン道路からは見えなく見つけにくい場所だったけど、郵便局の方が教えてくれた、被災地を回ると標準化の意味を深く考えてしまう。(芳賀沼整)Cg5VYqWUoAA8kt8.jpg-large

次ページへ »

カテゴリ別記事リスト

月別記事リスト