天栄村湯本地区―地形舞台での柳橋歌舞伎の公演―

台風一過で秋晴れの午後、天栄村湯本地区の智恵子邸「地形舞台」で柳橋歌舞伎の公演が行われました。
この「智恵子邸」は、はりゅうウッドスタジオと日本大学工学部浦部智義研究室が震災以前の2010年より取り組んできた古民家再生と中山間地過疎集落におけるまちづくりの拠点をつくるプロジェクトで、2013年3月に完成以降、湯本地区でまちづくりの活動を行う「湯本組」により運営されています。

「地形舞台」は智恵子邸の裏山の地形を活かした舞台として建物の土間・座敷を一体的に繋ぎ、自然環境に呼応する変化に富む舞台です。

今回の公演は郡山市の柳橋歌舞伎保存会の皆様の協力を得て、舞台のお清めの意味が強い「寿式三番叟」を演じていただき、伝統芸能としてはじめての公演の機会となりました。
地元湯本地区と多良尾地区のたくさんの住民の方にお越しいただきました。

_MG_4531

_MG_4558

_MG_4620

_MG_4638

_MG_4640

_MG_4705

_MG_4738

天栄村 古民家再生プロジェクト 完了検査

先日 古民家再生プロジェクト が無事終わりました。

DSC09646 DSC09673 DSC09680 DSC09687 DSC09710

 

 

 

天栄村 古民家再生プロジェクト 足場が外れる

天栄村 古民家再生プロジェクトで足場が外れて建物の外観が見えていました。(写真 芳賀沼)

これは丁度角の軒先部分の納まりです。

下からよく見える納まりになっています。
DSC02340

隣地の東側の分家さんの茅葺き屋根がみえる。

DSC02348

戸についても引き込めるようになっています。

DSC02363

道路向かいの家。少しだけ茅葺きがみえる。

DSC02304

 

天栄村 古民家再生プロジェクト 屋根工事

天栄村湯本の古民家再生プロジェクトでは
茅葺き屋根の文化を少しでも残すために軒先部分について茅葺きとする工事を行なっています。

これは丁度角の部分です。

DSC_4210

通側の風景。

DSC_4231

これは茅を刈る前の状態です。屋根の下にはかつての茅があります。

DSC_4238

茅は富士山の演習林の茅場から刈り取ったものの在庫があり、様々な方のご協力により取り寄せることができました。

DSC_4301

 

建物の内部についても工事が進んでいます。
かつての茅葺き屋根も土間の空間からながめることができます。

DSC_4328 DSC_4345

湯本の遠景。

DSC_4376

天栄村 古民家再生プロジェクト 木工事

天栄村の古民家再生のプロジェクトも大詰めです。

この写真はもともと馬小屋だった部分が水廻りに等の諸室に分けられていた部分を、もう一度広い土間空間を作り出しています。

構造材として8寸の県産材を使用しています。

大切な馬が一番南側のいい環境に住んでいたと教えてもらいました。

IMG_3929

また先日茅葺き職人の方とも、打ち合わせを行ないました。今回は効果的に一部茅を見せる部分をつくります。

IMG_3854

 

排煙のために、一部茅を切り取り、ハイサイドライトにもなる部分を付けました。

IMG_3887

スタジオメモ 天栄村智恵子邸改修工事 梁の補強

天栄村智恵子邸改修工事は現在骨組みの補強工事が着々と進んでいます。
DSC00307

古い材料と新しい材料を組み合わせて、それを骨組みの特徴として見せています。
8寸角の杉材を古い材料に抱かしました。

スタジオメモ 天栄村智恵子邸改修工事 床の解体の風景

今日は天栄村湯本の智恵子邸改修の現場に立ち会ってきました。
建設会社の方により床が取り払われ、きれいに解体がされていました。
小屋組や建物の原型に近い構造が露になった状態です。

春までにはほとんど完成する予定の工事なので、できるだけ工事風景をアップしたいと考えています。

解体前に書いた図面と照らし合わせながら、現実の構造を確認し、状態の良い梁等は出来るだけ残すように変更しました。

 

DSC09677

DSC09699

屋根は茅葺きです。小屋組自体はシンプルに組まれており、とてもきれいな状態です。

DSC09704

建具などなくなり、一室空間となった状態。

DSC09713

DSC09738

図面で新規の梁とする予定だった所も、梁組が面白く、これまでの改築の歴史を残すような梁組とすることにしました。

DSC09747

湯本では雪がふりはじめていました。

福島県天栄村智恵子邸古民家改修プロジェクト 1 施工打ち合わせ

天栄村湯本の小さな温泉街にある古民家を改修して地域の方の交流拠点をつくるというプロジェクトです。これ迄2010年よりワークショップ等により進めてきました。

この日は、入札により決まった施工業者の方と改修に関する第一回目の打ち合わせを行ないました。改修は解体してみないと分からないことも多いため、図面の実際の現場の擦り合わせもポイントで行なう必要があります。

また図面だけでは伝わらない改修の方針についても共有しました。

↓これまでの詳しい内容については、下記をクリックすると経緯がわかります。

http://www.haryu.jp/project/tenei

古民家セミナーにて 発表風景 動画「天栄村湯本地区の空き家活用基本設計について 」

1月26日コラッセ福島で第5回耐震化・リフォームセミナー「古民家等空き家を活用して地域を元気にする」セミナーが開かれ、は­りゅうウッドスタジオも30分ほど時間を頂き、天栄村のプロジェクトについて発表させて頂きました。

(続きを読む…)

古民家セミナーにて 福島県天栄村湯本への小さな旅 冬 動画

1月26日コラッセ福島で第5回耐震化・リフォームセミナー「古民家等空き家を活用して地域を元気にする」セミナーが開かれ、はりゅうウッドスタジオも30分ほど時間を頂き、天栄村のプロジェクトについて発表させて頂きました。

湯本の皆様もお越し頂きありがとうございました。
(続きを読む…)

次ページへ »

カテゴリ別記事リスト

月別記事リスト