照国寺の風景

Category スタジオブログ 照国寺記録 — @ 2017年9月6日

昨日夕方に、以前はりゅうウッドスタジオで改修を行った照国寺を訪問してきました。

改修工事をして約7年目のただずまいです。

照国寺の改築
DSC03128

DSC03109

 

 

 

DSC03101

 

DSC03097

設計のプロセス 照国寺の改修(福島県南会津町) 改築前の状況

**********************************************************************************
設計のプロセスでは、はりゅうウッドスタジオ仕事を分かりやすく説明するコーナーです。私たちは、ただ図面を書くというだけでなく、家や建物をつくる様々場面で関わらせて頂いています。その分かりにくい私たちの仕事をポイントをまとめてお伝えしたいと思います。
また同時に家づくりや建築づくりのプロセスについても参考にしていただければと思いこのコーナーをはじめました。

**********************************************************************************

まずはじめに福島県南会津にある照国寺の改修です。

この寺は鎌倉時代、建治3年(1277)に開基された、南会津郡南会津町伊南村にある時宗一向正派の寺院です。。久川城河原田家の菩提寺から、蒲生氏郷配下になった後、安永9年(1780)頃に現在の本堂が建設されました。現在で築232年を数えます。

昭和45年 (1970)に茅葺き屋根にトタン被せ葺き工事を行い、その後は2010年現在の改築までに小さな修繕でしのいできました。

檀家総数は220を数えるが、その檀家の大部分は65歳を超え高齢化が進んでいます。過疎の山村の高齢化した檀家による修繕の事業はどのような意味を持つのか。
寺の存在は、様々な理由で跡取り不在の檀家にとって、心の支えでもあります。その檀家の多くは自給自足のような生活でもあり、年金の一部から修繕費として献金されたと考えられます。

和尚様が芳賀沼と以前からの知り合いだったこともあり、私たちに相談を受けたのが始まりです。他の寺社専門も改築業者の見積もありましたが、大きく準備できる金額をこえるものでした。

●積雪の状況

冬にはかなりの積雪がある地域です。茅葺きの屋根もこうした気候状況やささえる檀家の状況からトタン屋根となりました。

●外壁

外壁の土壁についても、凍結などから割れやクラックが多く発生していました。下の部分はトタン葺きです。

軒の外周部分には支柱がはいっています。これも雪の重みを支えるものです。

●基礎

基礎に付いても雪の重みにより地盤がさがってきているところもあります。

●向拝の軒裏

野地板が表に使われています。

●山門からみる

福島県南会津町 寺の改修 照国寺 施餓鬼法要と落慶(らっけい)式

去る8月14日にはりゅうウッドスタジオで改修をおこなった照国寺の施餓鬼法要と落慶(らっけい)式がありました。

福島県南会津町 寺の改修 照国寺 タイルの打ち合わせ

南会津にある照国寺では、春が来ました。

雪がだいぶ溶けてきたので、外構工事が新井組さんの施工で火曜日から始まります。

数ヶ月前につけた雪がこいも外しました。

木魚としらとりさん

正面からみた風景。

照国寺除夜の鐘の風景 動画

あけましておめでとうございます。
照国寺の除夜の鐘をつかさせて頂きました。
紅白が終わった頃に始まりました。

(続きを読む…)

照国寺改修工事 福島県南会津町 お寺の改修/クリーニング・畳の敷き込み完了


12月11日 清掃・片付けの最終日。そして畳が搬入されました。
外回りも片付けられ、きれいになりましたが、
どこかさびしいような気持ちがわいてきました。
住職も同じく、さびしさを感じられているご様子。

↓こちら畳搬入前の本堂の様子。
しばらくは見る事ができないこの瞬間でシャッターを一押し。

↓そしてこちらが畳搬入後。
約8ヶ月ぶりに再会する、畳が敷かれた本堂です。
 

本堂の工事は間もなく完了し、雪の季節に突入します。
そして雪解け後に外構工事が再開します。

★おまけ★
照明も新たに計画し直し、新たに設置した場所もいくつかあります。
その一つが位牌壇の照明。
その結果、今まではあまり気にもとめられなかった欄間の彫り物の姿が浮かび上がりました。↓

照国寺改修工事 福島県南会津町 お寺の改修/木製建具が取付けられました。

本堂の木製建具が納められ、内障子の取付けも完了しました。

↓こちらは建具取付の様子。

正面出入口の建具は3人がかりで取付です。ガラスが入っていない状態でも、かなりの重量。

今週末には畳が納められる予定です。
8ヶ月にも及ぶ建築工事も、
間もなく完成という区切りを迎えようとしています。

照国寺改修工事 福島県南会津町 お寺の改修/記録しておくこと

Category スタジオブログ 照国寺記録 — @ 2010年11月10日

10月末、東北大学教授五十嵐太郎さん、宇都宮でアトリエPOHを主宰されている星宏之さん 宇都宮大学の学生のみなさんに照国寺の現場を見て頂きました。遠くまでお疲れさまでした。

ブログにて、照国寺のことについて文を書いて頂いています。

pohのブログ 会津へ

********************************************

また本日は写真家の藤塚光政さんに、現場の写真を撮って頂きました。
建具のない西側お墓や伊南川の風景を中心に写真を撮られました。
丁度降っていた雨も上がりました。

柏屋にて(設計 はりゅうウッドスタジオ)

照国寺改修工事 福島県南会津町 お寺の改修/木工事がほぼ終わりました。

Category スタジオブログ 照国寺記録 — @ 2010年10月18日

5月の解体、建て入れ直しから5ヶ月ほど照国寺の現場で作業をしていた大工さんたちが10月2日に引き上げました。

長い間お疲れさまでした。

いつも現場でいて下さった大工さん立ちがいなくなると寂しくなりますね。

照国寺改修工事 福島県南会津町 お寺の改修/外周部の木工事を中心に進みます

Category スタジオブログ 照国寺記録 — @ 2010年9月21日

結界の柵で、長い間なくなっていた支柱も、棟梁が作り直してくれました。

次ページへ »

カテゴリ別記事リスト

月別記事リスト