葛尾村復興交流館あぜりあ 葛尾村盆踊り

8/14葛尾村盆踊りにお伺いしてきました。

会場となった葛尾村復興交流館あぜりあは、

日本大学工学部浦部研究室と、

はりゅうウッドスタジオ関わらせていただいたプロジェクトです。

 

オープニングのときよりもまた多くの方が来られていました。

百石の家の材料で制作した家具も学生の方がうまく配置してくれていて

使っていただいていました。

DSC07955 DSC07987

DSC08288

DSC08152

 

DSC08282

DSC08204



 

葛尾村復興交流館のオープニング

Category K復興交流館 スタジオブログ — @ 2018年6月20日

6/16日(土)葛尾村復興交流館のオープニングがありました。

はりゅうウッドスタジオで設計した一部縦ログを使った建物です。
葛尾村で解体された古民家(百石の家)の古材を、象徴として使っています。
展示されている蔵の中で、百石の家のパネルを熱心に見てくださっているご家族がいました。
もともと住まわれていたおかあさんでした。

蔵周りの展示、池の造園は、日本大学浦部研究室のみなさんと作り上げました。

IMG_E3768235517429_1835395393246850_7261473062426509312_n DSC06820 DSC06871 DSC06952
IMG_37452

葛尾村復興交流館 家具が納品されました。

Category K復興交流館 スタジオブログ — @ 2018年6月17日

葛尾村復興交流館にて、家具の贈呈式がありました。

農林中央金庫、双葉森林組合のご支援により百石の家の古材を使った家具が納品されました。

はりゅウッドスタジオでも家具のデザインを行いました。

DSC06767 DSC06775

復興交流館ワークショップが福島民報に掲載されました。

福島民報に復興交流館のことが掲載されました。
http://www.minpo.jp/…/to…/jishin2011/2018/02/post_15828.html

古材の選別、運搬作業

K村復興交流館(3月完成に向けて施工中)の家具でつかう古材の選別、運搬作業を行いました。

これは、昨年村の代表的な家の一つであった百石の家が解体された際に、とっておいた材料です。

建物の使い方ワークショップや、家具の制作ワークショップをこれから行なっていきます。復興交流館の建築の過程を通して、また集まることのできる場ができればいいなと、村の方と試行錯誤中です。

村の業者の方の活気のある選別作業に立ち会って、勇気付けられた朝でした。

(滑田)

DSC05413 DSC05372 DSC05383

K村復興交流館 建て方が終わり工事が進んでいます。

現在福島県の被災した村での復興交流館という建物の設計、監理に関わっています。

縦ログによる村のリビングのような場所を目指して、大きな屋根をかけた建築です。

山場だった構造材の工事も無事完了しました。

さまざまな施工者の方、発注者、設計者がチームとなってここまできました。

縦ログ構法なのであと少し、最後まで走りきりたいと思います。

 

写真は、ホールなスペース。蔵に向けて百穀の家の棟梁がまっすぐと伸びる。

 

 

 

DSC05335

IMG_2008

K交流館 建て方が進んでいます。

K交流館の建物の建て方が進んでいます。

いよいよ150角の縦ログの建て込みが進んできました。

斜め壁の縦ログの建てこみです。

 

IMG_1832 IMG_1838 IMG_1870 DSCF6520 DSCF6522

 

 

IMG_1653

IMG_1644

IMG_1649

IMG_1728

 

K交流館 百石の家古材を並べる

K交流館の建て方の様子です。

百石の家古材が現場に並べられました。この太い材料の木を新しい建物の軸の象徴としてつかいます。

DSC05229DSC05233

 

カテゴリ別記事リスト

月別記事リスト