新人日記わたなべ④『カレーづくり:キーマカレー』

こんにちは、わたなべです。
こないだ、お盆に入る前の日曜日にカレーをつくりました。それも、市販のルーを使用しないスパイスからつくったカレーです。僕はもともとカレーを食べるのが好きだったのですが、南会津にはカレー屋さんがほとんどありません(たんに僕が食べに出かけていないという面もありますが…)。ですので、この欲求を満たすにはつくるしかない、ということでコツコツとamazonでスパイスを買い集めていたのです。

スパイスっていいですよね。ふだんは手の込んだ料理はあまりつくらないのですが、日本のカレーって、ほとんど市販のルーを溶かすだけであの味になるので、スパイスからカレーをつくってみるとその工程の多さに驚きます。簡単にあの味になるっていうのは、すごいことで、ある種の達成だとは思います。しかし、ルーを溶かすだけの人生で果たしていいのか、とか内省してしまいます(笑)。

下に表示してあるのが出来あがり画像なのですが、手前にあるのはチャパティです。日本のインドカレー屋に行くとメニューにだいたいナンがあるんですが、小麦粉が材料のナンは、小麦粉がちょっと高級なインドだと一般的ではないらしいです。なので、インドでよく食べられているのは実はチャパティなのです。あと、ラッパーの環ROYさんがTabla’n Rapという曲の中で、‟カレーにはナンよりライスよりチャパティ一番合うってユザーンが言ってたぜ“とラップしていたので、チャパティにしました。また、盛りつけた銀の四角いトレーは、そのタブラ奏者のユザーンさんがインスタグラムでよく使っていたので選びました。ただのミーハーですね(笑)。

ちなみに、当日いざつくろうとしたときに、グリーンカルダモンがないことに気づきました。あわてて田島町まで買いに行ったのですが、ふだん買い物をするヨークベニマルに売ってなかったので、なかばあきらめながら新しいほうのリオンドールに行ったら、なんと、売っていました。さすがですね。これからグリーンカルダモンが必要になったらリオンドールに直行しようと思います。

よかったらみなさんもお試しください。

 

関連記事

PAGE TOP