リノベーション 梁補強の方法

那須の改築の現場です。

写真で見える既存の梁の下にある新しい梁は、まぐさ(力板)というものです。

梁のたわみの激しい部分の補強だったり、

新しい間取りに合わせて、柱を抜きたい部分を補強しているものです。

はりゅうウッドスタジオの改築においては、解体後に構造を見て、大工さんと現場で再検討をします。構造計算だけでなく、実際の現場を見て力の流れ等を見て補強の方針を決めます。

新しい梁は、お客さんの山から切り出した杉の木を使っています。
製材乾燥は、南会津の関根木材さんにお願いしました。
とてもいい木の色が出ています。

関連記事

PAGE TOP