縦ログの壁のいいところ

こんにちは。

昨日今日と、南会津は、梅雨の晴れ間。カラッとして気持ちのいい日が続いています。

庭の紫仙台萩が咲いたので、吊型の花器を縦ログの壁に留めて、玄関ポーチに飾りました。透明感のある紫が綺麗です。

壁に何か飾りたい時。結構迷ったり、悩んだりしませんか?

ここにこうやって絵を飾りたいなーと思っても、ちゃんと留められるかな…?下地はどこかな…?からはじまり、こんな重いの大丈夫?落っこちてきちゃったらどうしよう?!・・・などと、結構面倒だな、と思った経験は誰もがあるはず。

そんな時、縦ログなら、お悩み無用です。気楽に、どこでも、なんでも飾ったり、貼ったりできるんです。

さらに、釘跡や、ちょっと傷がついたくらいは、さほど気になりません。これは個人差もあると思いますが、多くのログ材に囲まれているせいでしょうか。

傷も、凹みも、家の味わいになっていく。

そんな、木の家らしい、おおらかさが縦ログの住宅にはあるような気がしてます。

関連記事

PAGE TOP