はりゅうの家 復興住宅プロジェクト 木材加工

現在私たちの事務所のある南会津針生地区において復興住宅のモデルとなる住宅の建築を行なっています。
KAMAISHIの箱と同様に、縦ログの仕様です。
(写真撮影は芳賀沼製作佐々木さんのものでした。)

これは義正さんが溝を掘ってくれている所です。鴨居と同じ幅(21mm)とし、施工性を優先しています。

気密性をあげるために、防水テープを貼っています。

パネル化をした所です。

関連記事

PAGE TOP