「縦ログ構法の世界」書籍 出版されています。

Category お知らせ — @ 2019年2月8日

「縦ログ構法の世界」という本が、建築資料研究社より出版されています。

縦ログ構法のこれまでの活動、そしてこれからの展望についてまとめた本です。

ぜひご覧になってください。

縦ログ構法の世界 森・まち・産業を支える新しい建築のつくり方
Amazon.co.jp

 

51HHyJ1QHDL._SX337_BO1,204,203,200_

2/13 郡山駅前ビックアイ 「つながりの場をデザインする最新現場」が開かれます。

Category お知らせ — @ 2019年2月7日


データ軽量2回目復興シンポジウムポスデータ軽量2回目復興シンポジウムポス

 

 東日本大震災以降、福島県においては、原発事故による大規模な避難が行われ、被災地域では、急激な過疎状態の中、復帰が始まっています。国の施策としてのトップダウン型の住まいの整備(復興公営住宅等)は終わりつつあります。一方で、被災地域においては、地域社会が脆弱なままであり、復興は十分でないと誰もが感じています。
 モノやコト、ヒトをつなげる場をデザインすることで、地域社会の課題解決に挑むボトムアップ型のプロジェクト事例が全国で増えつつあります。今回は、つながる場をデザインしてきた実践者をゲストにお招きし、課題先進地である福島における復興とその先のあり方を考える一つつの機会にしたいと思います。
 実際に復興に関わる業務の中でワークショップをやってみても、難しさを感じた方も多いのではないでしょうか。それらの課題に対して住民や自治体を巻き込み、プロジェクトを進める上で大事なことについて、改めて考える場として企画しました。

モノやコト、ヒトをつなげる場をデザインすることで、地域社会の課題解決に挑むボトムアップ型のプロジェクト事例が全国で増えつつあります。今回は、つながる場をデザインしてきた実践者をゲストにお招きし、課題先進地である福島における復興とその先のあり方を考える一つつの機会にしたいと思います。
実際に復興に関わる業務の中でワークショップをやってみても、難しさを感じた方も多いのではないでしょうか。それらの課題に対して住民や自治体を巻き込み、プロジェクトを進める上で大事なことについて、改めて考える場として企画しました。

第1部 トーク(18:05-19:05)
●「風景でつなぐデザイン」
徳永 哲 ランドスケープデザイナー
東京大学生産技術研究所リサーチフェロー
( 株) ふたば 地域デザイン室長

●「地域と共生するリノベーションホテル」
北島 優 建築プロデューサー
株式会社リビタ ホテル事業部
チーフプロデューサー

●「ワークショップと実践のつながり」
小山 弘二 コミュニティデザイナー
合同会社moyai

第2部 ディスカッション(18:05-19:05)

参加申し込みはこちらによろしくお願いします。

 

 

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfc5DmH1wuoc-_1-z-YKbJZONib9EDXtLUrfeenPHyMdbpwbw/viewform?usp=sf_link

 

河北新報に仮設住宅の取り組みが掲載されました。

Category スタジオブログ スタジオメモ — @ 2019年2月1日

はりゅうウッドスタジオ(芳賀沼整)の仮設住宅の取り組みを河北新報で取り上げていただきました。(1/26)kahoku

カテゴリ別記事リスト

月別記事リスト