アルメニア紀行②−旅の目的

アルメニアで紀行②を書く前に無事向こうでの日程を終え、日本に帰国しました。向こうからのリアルタイムでの更新をお待ちして頂いた皆様には申し訳ありませんでした。

紀行②ではまず旅の目的でありました、国際交流基金による巡回建築展「3.11-東日本大震災の直後、建築家はどう対応したか」のアルメニア展示と源栄先生・芳賀沼が参加しました講演の様子をレポートしたいと思います。

今回の会場は、アルメニアの首都エレバンの中心部に位置する、「アレクサンドル・タマニアン・リサーチ・インスチチュート・ミュージアム」と云う、都市建設省などが入る政府機関に付属する建築博物館です。アレクサンドル・タマニアンとはアルメニアで最も有名とも云える建築家で、ロシアやエレバンの中心地の共和国広場やオペラ座など現在でも多くの市民に多く利用させている建築作品や都市計画などに関わった方です。博物館はアレクサンドル・タマニアンの曾孫にあたる、ハイク・タマニアンさんが館長を務めていらっしゃいます。

今回の展示会場の設営はハイクさんが中心になり博物館のスタッフの人たちの手で前回の展示会場であるモスクワから届いた模型やパネル等を急ピッチで行われたそうです。

オープニング前日の展示会場の風景

展示会場はアルメニアの建築の歴史知る事ができる写真なども飾られ、私たちにとっても刺激的な会場となっていました。

「KAMAISHIの箱」「南相馬市の塔と壁画のある集会施設」の展示の様子

またスタジオが関わる「KAMAISHIの箱」・「南相馬市の塔と壁画のある集会施設」「二地域居住」の3つのプロジェクトも隣同士で展示されていて、この模型やログ材の展示に、日本より持ち込んだ「木造仮設住宅群」の日本語の本・英語版の冊子、「3.11万葉集-復活の塔-」も一緒に置いて頂きより内容を楽しんでいただけるような展示となりました。

オープニング当日には地元の建築関係者や専門家、アルメニア政府関係者、建築学生や日本語を勉強する地元学生、アルメニア在住の日本人、バックパッカーでアルメニアに滞在中の日本人や他にも多くの人や報道関係者などが会場に訪れ、活気あるオープニングとなりました。

建築家でもあり博物館館長でもあるハイク・タマニアンさんのオープニングの挨拶

たくさんの人が会場に訪れていました

フクシマでの活動の展示にも多くの人が訪れていました

会場では日本語を勉強する学生と意見交換する様子も見られました

オープニングの挨拶等の後、30分程各々で展示を見る時間が設けられ、いよいよ今回のメインイベントでもある源栄先生と芳賀沼による招待講演がはじまりました。実はアルメニアへ向かう前日まで日本でプレゼ資料の調整を行い、日本語・英語の資料を現地に送ってもらっていたのですが、こちらで連日アテンドして頂いた通訳のルザン・ホジキャンさんによりすばらしいアルメニア語のパワーポイントの資料になっていました。

アルメニア語の資料(KAMAISHIの箱タイトル)

発表直前の様子(写真は源栄先生のppt)

講演は源栄先生、芳賀沼、アルメニア都市建設省の方の順に行われました。

まず、源栄先生は旅の中でみた現地の建物などの特徴などを挙げながら、今後アルメニアで必要であろう地震防災の考えかたや災害教育の必要性などを自身の専門分野を交えた講演で同行した自分たちにとっても勉強になる内容でした。

続いて芳賀沼の講演は、東日本大震災直後の様子や3.11以降に行ってきた活動などをそこで暮らす人々や利用させる現在の様子を写真や音楽を交えての説明となりました。最後に示した富岡町の誰もいない町に桜の花びらが降り積もる様子では写真をみて泣かれている方もいらしたのがとても印象的で、今回の旅がとても重要な機会であることを改めて感じました。

最後に都市建設省の方の講演ではアルメニアが抱える地震や原発を持つ国としての問題意識などが日本と共有できることを挙げ、日本で進む地震対策の技術に対してアルメニアではどのように対策を行っていくかや現在行われている取り組みなどの講演が行われました。

講演後の質疑の様子。人が並んでいます

講演後は3者に対して現地の方々より様々な質問があり、それぞれ源栄先生や芳賀沼が質問に応じて対応しました。

講演後は立食形式の懇親会があり、会場に訪れていた様々な方々とお話をする機会もあり、無事今回の目的である日程を終えることができました。

エレバンの中心地にある共和国広場

オープニングイベントの終了後はアルメニア在住の日本の方や通訳の方々、展示に際してアルメニア入りされていた日本人の方などと一緒に共和国広場を望むオープンテラスのバーで打ち上げとなりました。恐らくアルメニアで一番日本人の密集度が高い場所となり、アルメニアでの最後の夜を楽しみました。

共和国広場を望む夜景

郡山T様邸の取材

Category スタジオブログ スタジオメモ — @ 2012年7月23日

今日は新しい住まいの設計に掲載される予定の郡山T様邸の取材がありました。
T様邸は、芳賀沼製作の受注物件ではりゅうウッドスタジオは設計補助として基本計画等ご協力させて頂いた物件です。

T様邸は建坪3×5間の15坪が建坪の西側に開けた傾斜地に建つお宅です。
敷地条件は傾斜地で難しい条件でしたが、一方で日射も十分に得ることができ、東西南北それぞれの方向に窓があるために一日中明るい家です。

お子様が3人いらっしゃるのですが、今日はご家族のみなさんにも撮影に入って頂きました。

撮影やインタビューの中で打ち合わせ時におけるお客様とのやり取りを思い出しました。

この木は、芳賀沼製作の特徴である自然木を使った大黒柱。コンパクトながら大きな柱がT様のお宅の中心となっています。

キッチンについても庭側と一体となるように、南側に配置しています。

2Fの子供室です。東日本大震災後のリフォームでホーシャットという無鉛ボードをつかい、放射能防御をしています。(この工事について詳しくは、またの機会にお伝えします)

T様のお宅は、竣工時には、後でのご家族のご要望に答えられるように、大きな箱のような造りをしています。
住みながら作り続けてきた家です。

本日は取材を受けて頂きありがとうございました。また事前の片付け等ご迷惑をおかけしました。

今回の写真は素人がとったものですが、またカメラマンの方の写真をお届けします。

仮設住宅地のクラインガルデン

この写真は、二本松市大平農村公園のログハウス仮設住宅の共同菜園の様子です。居住者の方が野菜等をつくっていてもりもりと育っていました。

共同菜園は、日本大学浦部研究室とはりゅううっどスタジオの応募時の提案によるものでした。

一方で、木造仮設住宅に入居されるであろう方々を予測すると、 高齢者の方々や、長く農作業に関係(第一次産業として専業・兼業や自給も含め)されている方々も多いと考えました。そこで、 仮設住宅の集落での生活をイメージしながらログハウスと歴史的な関係性も深く、その価値を高める意味でもクラインガルテン(共同菜園)を積極的に取り組んだ提案をしようと考えました。

共同菜園は、このように各棟に一ヶ所近く配置しています。

中には野菜を売られている所もあったり、大平農村公園の畑は、かなり積極的に活用して下さっていました。

お話を伺ってみると、もともと兼業農家をやられていた方も多いようで、近くの田んぼ・畑を借りている方も多いとのことでした。

アルメニア紀行① −長い1日からはじまる

Category スタジオブログ 未分類 東日本震災関係 — @ 2012年7月15日

成田空港第1ターミナルでエアロフロートSU263便モスクワ/ロンドン行きの搭乗を待ちながら出発ロビーで九州の豪雨を伝えるニュースが目に留る。洪水の映像が3.11の津波時映像を想起させ、どうも遠い地域の他人ごとでない気持ちと既に出国してしまっている自分の立場のギャップが複雑な気分での旅の始まりとなりました。

今回の旅の目的は国際交流基金による巡回建築展「3.11-東日本大震災の直後、建築家はどう対応したか」のアルメニア共和国での展示に際したオープイングイベントにて東北大学教授で自然災害科学の権威である源栄正人先生とはりゅうウッドスタジオより芳賀沼が招待講演•パネルディスカッションに参加するためです。また今回の講演が震災以降の活動をテーマにした内容と云うことで日本大学工学部浦部研究室を代表して博士課程の渡邉洋一さんとスタジオの早川がこの旅に同行するかたちとなりました。

会場となるアルメニア共和国は東ヨーロッパに位置し、トルコなど並び地震も多く発生する土地です。国内の電力は40 パーセント以上をメッツァモール原子力発電所に頼っていることなど、ある意味で日本との共通点も感じられる国での今回の機会は講演することで何を発信できるか、また私たち自身何を得て帰ってこれるかが課題となる旅であると思います。

(シェレメーチエヴォ国際空港)

本日の到着地で途中経由地であるモスクワは日本との時差が−5時間あり、私たちにとっては長い長い1日が旅の始まりとなりました。

モスクワではビザを取得していないためトランジットホテル内の一部のみでの滞在となり、少し窮屈ですが、明日に向けてゆっくり休める場所のありがたさを感じます•••

(ロシアのホテルはトリプルガラスで空気層が大きく幅をとる。ホテルからみるPM22:00)

明日からのアルメニアでの足取りはネット環境が確保できる限り更新していきたいと思います。

早川

アルメニアへの旅

芳賀沼と早川が本日から19日までアルメニアに、講演のため出張します。国際交流基金派遣事業で3.11後の「木造仮設住宅群」に関わる取り組みについて発表する予定です。
また東北大学から地震を研究されている源栄先生も共に向かわれます。
アルメニアはトルコ地震など、日本と同様に地震の多い国であるとともに、国内電力需要の約40%を担うといわれるメツァモール原発があります。福島との共通点の多い地域です。
この旅のレポートは早川君からお伝えする予定です。

「木造仮設住宅群」10+1 書評

Category 応急仮設住宅 雑誌紹介 — @ 2012年7月11日

10+1 web site で難波和彦さんが「木造仮設住宅群」について書評を書いて下さっています。

【特集】木造仮設住宅から復興住宅へ──はりゅうウッドスタジオほか『木造仮設住宅群──3.11からはじまったある建築の記録』

カテゴリ別記事リスト

月別記事リスト