「3.11万葉集 復活の塔 」の出版のお知らせ

以下出版社である彩流社のHPからです。

******************************************

内容紹介

アーティストと建築家の共同作業から始まった
<記憶に残る>被災地プロジェクト!
自ら被災者である福島の建築家・芳賀沼 整。
「記憶に残る仮設住宅」のコンセプトを打ち出した五十嵐太郎。
死者を記憶するため復興ではなく「復活」の祈りを込めた作品を展開する彦坂尚嘉の
熱き3人の男の強烈な作品と思いに詩歌を載せる。
あれから1年。南相馬の仮設住宅の人たちはいま、何を思うのか。
被災当事者たち、和合亮一、谷川俊太郎、福島/東京の歌人たちから天皇・皇后まで、
幅広い日本人の詩歌をアート歌集で繰り広げる。
全文英訳つき!仙台から始まる国際交流基金の国内巡回展に展示参加!

◎なぜ「万葉集」なのか?
「万葉集」は天皇、貴族、有名歌人のほかに約半数が庶民による作者未詳歌であり、
よって日常をテーマにした歌が多く、多様な人々どうしの連帯性が特徴であり、
本書にもその特徴が根柢に流れている。

著者プロフィール

彦坂 尚嘉(ヒコサカ ナオヨシ)
1946年、東京都生まれ。アーティスト・美術史評。アートスタディーズ・ディレクター。70年、多摩美術大学絵画科油彩中退。82~83 年文化庁在外研修員としてペンシルバニア大学グラデュエート・スクール・オブ・ファインアーツに留学。82年ヴェニスビエンナーレ、87年サンパウロビエ ンナーレ、99年グローバル・コンセプチュアリズム展(N.Y)。著書に『反覆/新興芸術の位相』(田畑書店)『空想 皇居美術館』(朝日新聞出版)。編著に『年表・現代美術の50年』(美術出版社)など。

五十嵐 太郎(イガラシ タロウ)
1967年、パリ生まれ。建築史・建築批評家。アートスタディーズ・プロデューサー。東北大学大学院教授。著書に『建築はいかに社会と回路 をつなぐのか』(彩流社)『新宗教と巨大建築』(講談社)『近代の神々と建築』(廣済堂)『戦争と建築』(晶文社)『過防備都市』(中央公論新社)ほか多 数。

芳賀沼 整(ハガヌマ セイ)
1958年、福島県生まれ。はりゅうウッドスタジオ取締役。主共著『木造仮設住宅群: 3.11からはじまったある建築の記録』(ポット出版)。東北建築賞作品受賞として「家業(柏屋)」および「都市計画の家Ⅱ」(日本建築学会作品選集)ほか多数。
アマゾンでの購入先

「つくることが生きること」東日本大震災復興支援プロジェクト展に参加します

はりゅうウッドスタジオでは、3月11日に前後して「つくることが生きること」東日本大震災復興支援プロジェクト展に出品します。

http://wawa.or.jp/blog/000130.html

展覧会名:「つくることが生きること」東日本大震災復興支援プロジェクト展
会期:2012年3月11日(日)〜25日(日)会期中無休
開場:12:00〜19:00
入場無料
会場:3331 Arts Chiyoda 1Fメインギャラリー 東京都千代田区外神田6-11-14

はりゅうウッドスタジオでは
+日本大学浦部研究室との福島の木造仮設住宅群について
+東北大学五十嵐研、彦坂氏との南相馬プロジェクト
の2点で関係しているプロジェクトがあります。

ぜひご覧になってください。

東日本大震災の直後建築家はどう対応したか 展に参加します。

はりゅうウッドスタジオも仙台の東北大学で開かれる「東日本大震災の直後建築家はどう対応したか展」に参加します。

http://t.co/g4FT6oDb (←パンフレット等があります )

「2地域居住の観点から考える福島の復興計画」はりゅうウッドスタジオ、日本大学工学部浦部研究室

「塔と壁画のある仮設集会所」東北大学工学研究科五十嵐研究室、はりゅうウッドスタジオ、彦坂尚嘉、日本大学工学部浦部研究室

「 KAMAISHIの箱」難波和彦、はりゅうウッドスタジオ、日本大学浦部研究室

以下五十嵐研究室のホームページからです。

********************

世界20カ国を巡回する「東日本大震災の直後建築家はどう対応したか」展のキックオフ展示が東北大学の片平キャンパス、KATAHIRA-10で開催されます。

五十嵐太郎企画監修、国際交流基金東北大学主催によるこの展示は、世界最大規模の震災関連の国際巡回展で、国内では仙台でのみ開催されます。

3月2日から18日の会期中、計4回の関連イベントが開催され、五十嵐研の学生も実行委員として企画に関わっています

**********************

木造仮設住宅群 書評を書いて頂きました。2/ 17追記

様々な方にご協力頂いたはりゅうウッドスタジオ制作の「木造仮設住宅群」の本について書評を頂きました。
ありがとうございます。

●日刊サイゾー
閉塞感漂う仮設住宅に革新! ”これから”を見据えた『木造仮設住宅群』

●読売新聞よみうり堂
『木造仮設住宅群』 制作・はりゅうウッドスタジオ 短評

●福島民報 1/18
版元ドットコム

●jiku デザイン誌『AXIS』(株式会社アクシス 情報企画グループ)のオフィシャルサイト 1/20追記
新刊案内

http://www.axisjiku.com/jp/2012/01/20/%E6%96%B0%E5%88%8A%E6%A1%88%E5%86%85-31

●「モダンリビング」2月6日発売
topics P.194「モダンリビング」topics P.194 にはりゅうウッドスタジオスタジオで制作した「木造仮設住宅群」が紹介されました。ありがとうございました。

今後のはりゅうウッド村について語ろう会

Category スタジオブログ スタジオメモ 未分類 — @ 2012年2月14日

昨日は南会津にあるはりゅうウッド村のこれからを考える会議がありました。
針生の地主の方、新住民の方、筑波大の先生、芳賀沼製作、はりゅうウッドスタジオが主な出席者です。

はりゅうウッド村は、一反10万円/年の借地という形で、田舎暮らしを好む新住人の方を受け入れ、地元住民と新住人が緩やかに共存し、魅力的な景観を守っています。長野や山梨のように華やかな田舎とは違って、南会津の素朴さを好む人達が集まってきているところです。
はりゅうウッド村通信ブログ http://hwv.cocolog-nifty.com/blog/

芳賀沼製作針生の借地 http://www.haganuma.co.jp/haryuwood.html

1984年に開村して現在まで56軒の方が入村、これまでに16人の地主さんが誕生しました。21軒の方はそのままはりゅうウッド村に定住しています。

現在、30年たち、新住民の方も一人暮らしの方も多く、終の住処を含めてどういう住み方を送るのかという話し合いが行なわれていました。

一方で受け入れる側の南会津町針生区も当初650人いたのですが現在では495人その多くが高齢者の方となっています。

針生地区も全国にある中山間地の地区の一つですが、一つ一つの小さな力をどうやって組み込んで次の30年に繋いでいくのかというデーマがあります。

10+1 南相馬集会所 復活の塔 南相馬市プロジェクト「塔と壁画のある仮設集会所」について

10+1のウェブサイトに、南相馬市のプロジェクト「塔と壁画のある仮設集会所」について
東北大学の村越さんが記事を書いています。

塔についても先日南相馬市への引き渡しを行ないました。

10+1記事

カテゴリ別記事リスト

月別記事リスト