福島県応急仮設住宅に関するはりゅうウッドスタジオの活動経過報告

●福島県応急仮設住宅公募の概略
4月11日、福島県より県内業者に対して約4000戸の応急仮設住宅建設の公募があり、18日に応募の〆切、22日に建設業者の決定がありました。( http://bit.ly/hk3pui )
県の公募の目的として、被災された建築関係者の雇用と、(風評被害で使うことのできない)県産材の木材を使うという点があったように思います。
これまで、木造の応急仮設住宅はあまり前例がなく、災害時においてはプレハブ協会から支給される鉄骨造のプレハブ住宅が主流でした。木造に比べて建設性に優れるものですが、断熱性通常のものよりも低かったり、ヒートブリッジ等による結露の問題などが起こっています。新潟県中越沖地震における地震で、プレハブの仮設住宅が主流につくられる中、地元の工務店が2棟ほど木造で建てられたことがあったようなのですが、かなり評判が良かったということもあったそうです。また結露の問題等については、鉄骨造よりも防ぎにくいものです。
通常仮設住宅は、2年を想定しているのですが、福島県では原子力発電所の問題もあり、より長期化を想定したものでなくてなりません。

●JIA(日本建築家協会)福島地域会の動き
JIA福島地域会としては、応急仮設住宅の公募が具体化し始めた頃、JIAとしての関わり方について議論されました。建築家という立場を考えるのであれば、施工者とは独立して活動しなければなりません。しかし、県としても、緊急性を考えた上での建設業者に対しての公募でもあり、積極的にアプローチしなければ、よりよい仮設住宅がつくれないと判断し、建設業者に対して、積極的に図面提案を行なっていくということになりました。
結果的に、福島県建設業協会の方への図面協力をするという形となり、福島県建設業協会としても無事受託することもできました。
はりゅうウッドスタジオとしては、JIA福島地域会での議論を元に基本住戸図面作成等を協力して行ないました。

●はりゅうウッドスタジオ+日本大学浦部研究室の動き
また同時に日本ログハウス協会東北支部でも応募の流れがあり、はりゅうウッドスタジオはログハウス協会員でもある芳賀沼製作とも近い位置にあるために、ログハウス協会案についても図面協力を行ないました。また協力関係にある日本大学工学部建築計画研究室(浦部研究室)と共同して応募案作成を行なっています。ログハウス協会案については、空地を利用した長期化に備えたクラインガルデン(市民農園)の思想を取り入れた提案を行なっています。
ログハウス協会東北支部案についても、無事受託することができました。
ログハウス協会東北支部の受託物件にについては、はりゅうウッドスタジオ+浦部研究室で設計のお手伝いをしたいと考えています。

生活道路デッキ等が通りの風景をつくる

空地を利用した市民農園の提案


今回設計者側の立場として、求められてはいませんでしたが積極的に応急仮設住宅の公募に関わり、結果的には少しでも良い提案をつくることができたという点で良かった思います。設計者の意見がすべて通るような状況としてはありませんが、自分たちを建築活動者として考えた時にやらなければならなかったし、参加したことで、またこれまでと違った仮設住宅というものが提案できました。今後、具体的な配置案の作成や、建設になりますが、できるだけ仮設住宅の建設に関わっていきたいと考えています。これからが本番です。

(文 滑田)

OZONE新築リフォームフェア2011 9人の建築家による公開「建築家コンペ」

Category お知らせ スタジオブログ — @ 2011年4月28日

「OZONE新築・リフォームフェア2011 TOKYOリノベーション展」の中で建築家による公開コンペが行なわれます。
この「建築家コンペ」は、架空の建て主設定をもとに、書類選考を通過した9人のOZONE登録建築家が、来場者を建主に見たて、プラン提案・プレゼンテーションを競うイベントです。

今回、はりゅうウッドスタジオの芳賀沼整が、一次予選を通過し、この公開コンペに参加することになりました。

私たちの発表の日は

2011年5/15 (日) 11:00〜12:30
会場:3F OZONEプラザ 定員:40名

予約制になりますので下記HPよりお申し込み頂ければと幸いです。

http://www.ozone.co.jp/event_seminar/seminar/seminar_a/detail/1134.html

展示の様子。模型台が一番高くなってしまったのが私たちの作品です。

ぜひよろしくお願いします。

愛知県名古屋市 古民家の改築 解体作業2

名古屋市の解体は手作業で行なっていますが、まずは約1週間程度で解体作業は終わります。

5m以上のスパンがある木造の大空間でした。

梁にも二重にする等、工夫があります。(撮影 斎藤)

構造材がなくなると、解体作業も終盤です。(撮影 芳賀沼)

スタジオメモ10

●4月14日
名古屋の古民家改修の現場は、今日から職人さんが準備のために現場に入る。
芳賀沼は、午前中R協会で打ち合わせをし、応急仮設住宅についての協力を申し出た。

JIA福島地域会の応急仮設住宅に関しての打ち合わせで三春町の岩田邸で、打ち合わせに向かう。途中、強い余震が福島県であり、高速が通行止めになったとのこと。途中、高速道路を下りても、ものすごい渋滞であったようだ。

●4月15日
スタジオでも、ひきつづき応急仮設住宅の素案づくり等を行なう。JIA福島地域会の方とやり取りをし、JIA福島地域会案ができていく。その他、現場は今日も進行中。

●4月16日
田中、山中湖家系図の家の倉庫の追加工事へ。
芳賀沼、東京都I様邸打ち合わせ。2F部昨日、芳賀沼は東京都Iさんでの打ち合わせ。前回の打ち合わせで方向性のでた2F部分のプランをまとめたものと、子供室の空間構造が分かる模型をお持ちしました。

●4月17日
震災以降手を付けられないでいた、スタジオの改装。今日は夕方晴信さんがスタジオに来てくれて、センサー付きの照明をまず一つ付けてくれました。改装については、少しづつしか進みません。
浜通りのEさんが針生に週末戻られました。 はりゅうウッドスタジオの事務所にも寄って下さいました。郡山に新たな仕事場を構え、会社についても復興させようと走り回っておられるとの事でした。今日また郡山に戻られました。
応急仮設住宅の公募のお手伝いについては、明日提出であるが、R協会案について最後まで配置図について、日本大学の浦部研究室の皆様とやり取りをする。長期滞在を想定したクラインガルデンからスタートしたプロジェクトであったが、コミュニティを包む配置計画にするのと、実際の設計時のコスト面や効率性の2項の間で、どこを着地点にするのかと考える。
JIA地域会提案についても、同時並行で、最終的な手直しの作業をする。

●4月18日
朝まで、作業をし、応募される団体の方に、応急仮設住宅の資料をお渡しする。
JIA福島地域会の皆様、日本大学浦部研究室の皆様お疲れさまでした。

芳賀沼、白鳥は照国寺で外構工事についての打ち合わせ

●4月19日

会津若松市内の店舗での打ち合わせ。地震後に傾いてしまった古い伝統的な建物の相談でした。会津若松市歴史的景観登録建造物になってもいる建物です。古いものを残すことと、一方で住む人の安全も守らなければなりません。概算見積をお持ちしたのともに、その他の改築のメニューについてもいくつかお話ししました。

この日スタジオの小さな室の改装ですが、段々出来上がってきました。壁は土佐和紙という材料です。材料代等からみるとクロスよりも安価に押さえることができそうです。夜は白鳥さんが、蜜蝋ワックスを塗りました。ガラス等まだ手に入らない部分の工事はストップしています。

また針生に住む元朝日新聞社の岡村さんがスタジオにきました。福島県での住環境の話しや記事にまとめる話しをしました。

応急仮設住宅の取り組みについて

4月11日に福島県から、県内の建設業者にたいして、応急仮設住宅建設の公募がありました。18日が〆切日でした。

建築家と施工者を明確に分離することをJIAは求めていますが、今回は少しでもよい応急仮設住宅をつくるために、JIA福島地域会が一つになり、実際に工事 を受注する建設業者の方のお手伝いをすることになりました。提出まで一週間しかなく、スピードも要求されていましたが、会員の方は手弁当で活動し、一つの応急仮設住宅の案をまとめました。
はりゅうウッドスタジオでも、こうしたJIAの活動をはじめ、いくつかの団体の、図面製作のお手伝いを行ないました。

(乱文申し訳ありません 滑田)

福島県南会津町 寺の改修 照国寺 タイルの打ち合わせ

南会津にある照国寺では、春が来ました。

雪がだいぶ溶けてきたので、外構工事が新井組さんの施工で火曜日から始まります。

数ヶ月前につけた雪がこいも外しました。

木魚としらとりさん

正面からみた風景。

愛知県名古屋市 古民家の改築 解体作業

愛知県名古屋市では、昭和初期に建てられた木造の建物の改築を行なっています。事情があり、減築をしなければならない状況でした。減築をかねて一部ホワイエをつくる改築です。

また現行法規にあわない既存不適格となっている建物ですが、緩和規定などを利用し、確認申請をする予定です。
また構造的にも補強しながらの改築になります。

屋根も瓦をとり、建物の荷重を軽くします。これは瓦をとったところ。

これは、正面になります。機械で壊すのではなく、手で少しづつ丁寧に解体していっています。

たたみも一枚一枚下ろしています。

山中湖 家系図の家 倉庫

家系図の家ー外物置小屋を設置してきました。
外壁にターポリンシート(高耐久のビニルシート)を使い、限られた工期とコストの両方に対応しています。
木の構造フレームに合板を貼り強度を出し、ロール状のターポリンシートを巻き付けたシンプルな工法で外壁は形成されています。
施工にあたっては、いつもスタジオがお世話になっている建築板金屋さんの田部板金さんにお願いしました。
板金工事はもちろん、木工事からシート貼り工事まで器用にこなしてしまう板金屋さんです。
スタジオの仕事を理解してくださる一人です。

twitter始めました

Category スタジオブログ — @ 2011年4月17日

はりゅうウッドスタジオのメンバーで
芳賀沼整 滑田崇志がツィッターを始めてみました。
こちらの方もぜひご覧になって下さい。

フォローもお願いします。(まだなんだが用語には慣れません)

●芳賀沼整
行動する芳賀沼の動きが分かります。
nameharyuをフォローしましょう

●滑田崇志
滑田の視点から スタジオの出来事を公式的なものとしてアップする(ツィート?)ことにしました。
当HP、ブログの更新情報等についても掲載したいと思います。
nameharyuをフォローしましょう

スタジオメモ8  JIA福島地域会 応急仮設住宅について3

●4月13日


福島地域会会議
芳賀沼が、郡山の浜尾さんの事務所にて、JIA福島地域会での応急仮設住宅の打ち合わせでした。

今週11日に、県内の建築業者に対して、公募がありました。プレハブ協会の仮設住宅だけでは、足りないという事情もあり、地元の建築業者による木造等による仮設住宅も4000棟ほど公募となりました、木を使えば少しでも暖かみを感じてもらえるかもしれません。
今回は少しでもよい応急仮設住宅をつくるために、JIA福島地域会が一つになり、実際に工事を受注する施工業者の方のお手伝いをすることになりました。提出まで一週間しかなく、スピードも要求されているが、会員の方は手弁当で活動しています。


仙台地盤調査
滑田は、仙台を大工さんと周りました。都市計画の家2のガラス直しとs君の家の地盤調査、kさんの家の被災状況の確認でした。数日後地盤調査会社から調査結果をもらった上で、今後の方針についての資料を作成したいと考えています。
この日の調査方法は、スウェーデン式サウンディング試験という物です。簡単に言えば、尖ったものを地中に差し、おもりを掛けて、その沈み込みの程度で地盤の状態を判断する物です。

よく教科書的なものでは、人がぐりぐりおもりを付けた棒をまわすのですが、地盤調査会社の方は、専用の機械で行なっていました。

スタジオメモ7  JIA福島地域会 応急仮設住宅について2

●4月10日


午前中JIAの阿部さんより、昨日の打合わせを受けて応急仮設住宅の案がFAXで届く。参考に下案作りを進める。
芳賀沼と伊藤は、東京都のI様邸の打合わせ。先日お客様より、プランの変更についてのメールを頂く。これまでのプランのやり取りを通して見えたきた大切にしたいことを伝えていただいたので、今回は打ち合わせの中で検討してもらえるような資料を考えてみた。

●4月11日


応急仮設住宅の公募

福島県から応急仮設住宅の公募について明らかになる。芳賀沼は、ある団体の方との応急仮設住宅についての打ち合わせ。図面を使ってもらえるかどうかわからないが、お手伝いしたい。日大の浦部研究室も、配置検討等に入ることになった。
普段、建築家と施工者を明確に分離することをJIAは求めているが、今回は少しでもよい応急仮設住宅をつくるために、JIA福島地域会が一つになり、実際に工事を受注する施工業者の方のお手伝い(図面提供またはアドバイス)をすることになった。提出まで一週間しかなく、スピードも要求されているが、会員の方は手弁当で活動している。芳賀沼は、その後三春の打ち合わせに向かう。強い余震のために東北自動車道が通行止めになり、渋滞に巻き込まれてしまったようだ。
夜、20m2,30m2,40m2タイプの下案を、JIA地域会の事務局に送付する。

●4月12日


建具

夕食前、スタジオの一部改装について、建具屋さんに図面を持って打ち合わせに行く。震災以降中断しているものであった。カーブがある戸であったので今回はディティールが通常と異なり難しい。

次ページへ »

カテゴリ別記事リスト

月別記事リスト