素顔の家

Category 作品紹介 新築住宅 — @ 2008年6月4日

top

素顔の家

福島県郡山市

延床面積:145.06 ㎡

端正に南北に延びた細長い形状と道路との段差は、心地よく外部を取り入れるための要素をいくつか含んでいた。間口が狭い短冊型の形状は、それをどう工夫して使うかの選択しか、残されていなかった。内部では、それぞれの場所から自分のいる位置を認識することができ、外部からも遮断していないものに感じられ、閉鎖しないプライベート空間となる。閉鎖するのではなく、都市の中で「素顔」で生活したい。住む人にとっても、道行く人にとっても、ほっとするのびやかな「家」を私たちは目指した。
冬の新月に近い日に5本のアカマツを切り出すことから始まった。その中で一本、二股の木が選ばれた。3 本の梁を浮かせ公会堂のヒマラヤ杉に続くよう二股の木の自然木を木立のように配置した。ここで家の象徴でもあり、家族の変わらない意志の表現にもなった。道路との80cm の段差は、キッチンからみえる駐車場の上に中庭、デッキの風景を生み出す。この木立とデッキの風景を見ながら生活することを考えた。北に建物を寄せ、内部からの視線は斜め上の南の空に向かう。道行く人の視線は、圧迫のない軽い材質のポリカーボネートやルーバーにより分散し、気配のみ伝える。そして視線は自然と二股の木へと向かい、生活を想像する。
車庫上のデッキは、将来畑となる生活の舞台でもあり、日々の生活の中で眺めながら過ごすことになる。
南に向いて暮らすこと、あたたかい答えが残された。

トップ

リビング1

リビング1

リビングから二股の木を望む:
道路向かいの公民館のヒマラヤ杉を借景として、大きく開いた窓から二股の木と緑を眺められる。
仕切りの高低差と車庫のボリュームにより道路からの視線は遮られ、プライバシーを保ちながらも風景を楽しむことができる。

リビング2

リビング2

まるで森の木立にいるような:
冬の新月の日に切り出したアカマツの構造材を梁と柱に用い、構造材のダイナミックさを活かすため角材に製材せず、仕上げはカンナ磨きのみとしマルタの表情を残した。

リビング3

リビング3

リビングがお庭まで繋がって:

客間

客間

客間:
主な仕上げ材は、壁・天井には珪藻土・シラス壁・和紙。床には30mmのマツ材が選定された。

階段

階段

収納とインテリアを兼ね備えた階段:

キッチン

キッチン

断面図

建築概要

素顔の家

所在地   福島県郡山市
主要用途  住宅
設計期間  2006.06~2006.09
工事期間  2006.09~2007.05
構造    木造在来軸組工法
規模    地上2 階建
建築面積  91.04m2
延床面積  145.06m2


sekkei

 

  • 1.角地の南北に延びた細長い形状と道路との段差を生かしました。
  • 2.自然木を生かした空間としました。
  • 3.化学製品を使わない住宅づくりを目指しました。

カテゴリ別記事リスト

月別記事リスト